本文へスキップ

ERD-50とER-120両替機修理

PD-17とNB-4W2の修理HEADLINE

故障箇所の特定から!


   NB-4W2の両替機 ユニット

エラーコード159 M2モーターロック!

今回ご依頼頂いたのは入出金ユニットの不具合です。お客様からは、エラー159が表示されて両替機が使えなくなったとご相談を頂きました。

左の写真が故障で不具合が起きているユニットです。

取外しは簡単なので、修理の際はご相談ください!




分解してモーター周辺の確認から!

   パチンコ設備の修理相談はお電話で!

モーターは正常か?

まずは、モーターに電圧がきてるかテスターで計測します。
電圧は問題なく来てるのでモーター自体を疑ってみますが、モーターは異常ありません。

何らかの理由でロックがかかっているのでモーターが関連している動力部品を手で動かし、破損や不具合がないか探って行きますが、少し動きが悪い部分を確認しますが、これがエラーの原因ではなさそうです。


     

ベルトのチェックから部品の破損をもう一度チェック!

   両替機の修理画像 色々の部分を確認しましたが、なかなか原因の特定ができません。

どうやら、動力部の故障ではなさそうです!制御基板をチェックしていきます。

少し骨が折れそうな作業になりそうです。


     

基板が異常ないかテスト

   パチンコ設備の修理相談はお電話で! 長年の感でこの辺が、怪しそうです!赤丸の部分ですね!

色々テストしていくと、この基板が引っかかります!

このチップを取外して異常がないか測ってみたいと思います。


チップを外してなんとなく特定できました。

   パチンコ設備の修理相談はお電話で! 色々基板を調べていく過程で、このチップが悪いと特定できました。

ハンダでチップを取り外し改めて原因を探ります、



やはり、チップがわるい!

   パチンコ設備の修理相談はお電話で! チップの足をテスターで一つ一つ測っていきます。写真では見にくいと思いますが、これは異常がなさそうです。

テスターの値も異常値ではありません。



ダイオードの不具合を検知しました!

   パチンコ設備の修理相談はお電話で! さらに、一つ一つ測っていくと・・・・・
異常を検知!これです。不具合を起こしてるのは!

無事に異常個所を見つけることができましたので、良品に交換して部品を組み立てていきます。

今回は、これで一件落着です。



今回不具合の原因はダイオード!

   パチンコ設備の修理相談はお電話で! 最終的に、ダイオードが不具合の原因でした。これを交換して終わりですが、この辺はあまり悪くならないそうです。

PD-17は搬送ベルトや識別機の不具合がほとんどですが、今回みたいに当社では基板修理もいたします。

両替機・券売機の修理はアトラスへお任せください





インフォメーション

大型商品はこちら

設備の運送方法リンク画像

LINE@の友達登録お待ちしてます!


友だち追加


スマホは↑パソコンの方は下↓
LINE登録バーコード画像

ショップ情報

古物商許可証/埼玉県公安委員会
第431240031108

営業案内

定休日:日曜日・祝日
営業時間10:00〜18:30 駐車場:4台駐車可 営業時間外連絡:090-7403-3025 東北道加須インターから10分

埼玉県加須 本社・倉庫

〒347-0014
埼玉県加須市川口5-5-2 ご来店の時は必ずご連絡下さい
TEL 090-7403-3025
FAX 0480-53-8491

東京営業所

〒202-0015
東京都西東京市保谷町5-10-4 レガーロ保谷201 ご来店の時は必ずご連絡下さい 090-7403-3025